カヌーいろいろ

手漕ぎボートのうち代表的なものとして、いわゆるボートとカヌーがあります。
この2つには大きな違いが2つあります。
ボート:進行方向に対して漕ぎ手が後ろを向いて、櫂が艇に固定されている(櫂のことをオールという)
カヌー:進行方向に対して漕ぎ手が前を向いて、櫂が艇に固定されていない(櫂のことをパドルという)

カヌーも、いろいろなわけ方がありますが、一般的にはカヤックとカナディアン(カヌー)の2つに分類されます。
カヤック:水かきが櫂の両端についている(ダブルブレード)パドルを使う、一般的にクローズドデッキで、体を艇の中に入れるスタイル。
カナディアン(カヌー):水かきが櫂の片側だけについている(シングルブレード)パドルを使う、一般的にオープンデッキで、艇の上に座るスタイル。
ただし、オープンデッキのカヤック、クローズデッキのカナディアンもあります。

リバーカヤック     
川遊び用のカヤックです。
比較的全長が短く、川底が浅く岩が多い所で使ってぶつけたりこすっても壊れないように丈夫に出来ています。
カヤックの裏は平らで小回りが利くので、艇の形状によっていろいろな遊び方ができます。
canoe2

カナディアンカヌー
アメリカでカヌーと言ったらこのタイプになります。
荷物をたくさん運ぶことができるので、ツーリングでは重宝されます。
ただ、風の提供を受けやすく、湖や川の下流域を漕ぐときは風で押し流され易いです。
canoe1

シーカヤック
海用のカヤックで、リバーカヤックよりも全長が長く、前後にハッチのついた荷物室があります。
直進性と安定性を重視している為カヤックの裏にはキールがあり、船尾(スターン)に舵(ラダー)がついているものが一般的です。
canoe3

フォールディングカヤック
野田さんの写真に多いカヤックはこのタイプです。
川でツーリングをする場合、カヌーに乗ったままスタート地点に戻ることはできません。
そのため、車で出かける場合はゴールをあらかじめ決めて、そこに搬送用の車を停めておくのが一般的です。
フォールディングカヌーは分解して専用のザックにしまうことができるので、ゴールを特に決めず、また、一人でツーリングするのに便利です。
カヤックとキャンプ道具を宅急便で送って、沖縄や北海道でツーリング、なんてことも出来ます。

ただ、組み立てるのがとても大変です。
また、骨組みを組んで船体を布で覆った艇なので、川底で船体を破ってしまったり、岩にぶつかって骨組みを壊してしまったりすることがあります。
canoe4canoe6

シットオントップカヤック
上に座って漕ぐタイプのカヤックです。
船内に水が入ることがなく、沈することもなく、水面からの乗り降りも簡単なので、海で波乗りをしたり、ダイビングポイントまでの移動手段に使ったりします。
また、ライフセーバーが要救助者の元まで漕いで、要救助者を乗せて運ぶのにも使います。
最近、スタンドアップパドルボード(SUP)という、サーフボードを大きくしたような板に立って、シングルパドルで漕ぐ遊び流行っています。
canoe7

インフレータブルカヤック
空気を入れて膨らます、いわゆるゴムボートです。空気を抜けばフォールディングカヌーのように持ち運びできますし、組み立てるのも大変ではないので、人気です。
当会の川遊びでは主にこのタイプを利用しています。
川で多少ぶつけたり底をこすったりしても大丈夫なように、一般的なゴムボートよりは丈夫にできています。
canoe8

インフレータブルカヌー(ラフト)
インフレータブルのカヌーで有名なのは、ラフトです。
沈むことがないので、激流くだりなどでよく使われます。
canoe5

川遊びの楽しさ、きれいな川の大切さ、なにより子どもたちが川と自然に親しむきっかけになればと考えております。