野田校長のおはなし

noda_001

エコブームで自然を守ろうという大きな声が巷に流れている。
こういう論は抽象的すぎて、実際に山や川で遊び、楽しい思いをしたことのない人にはピンとこない。

川がなぜ面白いかといえば、そこに魚がいて、それを捕ると面白いからだ。
『川の学校』などで魚捕りを教えると、子どもたちから川底を泳ぐ魚の絵を描いたハガキがたくさん届く。彼らの頭の中で川が流れ、魚が泳ぎ始めたのである。

川で魚を捕ることを覚えた子どもは、汚れた川を見ると、「魚が見えない!」と怒る。
こういう子どもは長じてダムに断固反対する人間になるのだろう。

諸君、とにかく子どもをきれいな川に連れていき、川に放りこもうではないか。

nodamoji

川遊びの楽しさ、きれいな川の大切さ、なにより子どもたちが川と自然に親しむきっかけになればと考えております。